トリガーポイントとは?

trigger腰痛でもはっきりとした原因がわかるものもあれば、病院でもよくわからないものがあります。マッサージを受けても良くならなかったりするのは、痛みがある場所とは違うところに原因があるからかもしれません。

痛む部分とはなれたところにある原因をトリガーポイントといいます。トリガーとは引き金の意味。原因はなにか?なぜ遠く離れた場所に痛みが出るのかがわかると腰痛も改善するかもしれませんね。

トリガーポイントによる痛みかどうかを見分けよう

・痛みの原因がわからない
・鈍い痛み
・広い範囲に痛みがある
・特定の動作をすると痛くなる
・眠れない、手足の冷えなど痛み以外にも気になる症状がある
・ストレスを感じると痛みがひどくなる

もしこれらの項目に2つ以上当てはまるものがあれば、トリガーポイントによる腰痛かもしれません。

皮膚と筋肉の痛みの感じ方のちがい

包丁で皮膚をちょっと切ってしまったらその部分が痛みますよね。皮膚は原因と痛い場所が同じなので、わかりやすいです。でも筋肉の場合は原因と痛む場所が同じということはあまりないのだそう。筋肉の70%は遠くはなれたところに痛みの原因があるのだとか。脚に本当の原因があるのに、痛みは首に出ているなんていうことも。こうなると首だけをもんだり、ケアしていても解決しません。でもここまではなれたところに原因があるのは珍しく、大抵は痛みとトリガーポイントはもっと近くにあります。

トリガーポイントはなぜできた?

体にできたしこりや、押すと痛みを感じる場所がトリガーポイントである場合が多いです。ツボにあたる部分にできることが多いのですが、ツボとも異なります。

トリガーポイントを押すと飛び上がるくらいの痛みを感じたり、違う場所が痛くなったり、鳥肌が立ったり、汗が出たりすることもあります。

トリガーポイントにできたしこりは筋肉の活動異常によってできます。まず筋肉が縮むときにカルシウムイオンが筋肉内に放出され、ATP(アデノシン三リン酸)が筋肉を収縮させるエネルギーを作り出します。ただずっと収縮している状態が続くとATPが足りなくなってしまいます。ATPは筋肉を収縮させることもしますが、筋肉の緊張をとく時にも必要な成分。なので、ATPが不足してしまうと筋肉がズ~っと緊張状態になってしまうんですね。その部分が固くなって、血液の流れも滞り、痛み物質も分泌され出します。これがトリガーポイントになるんですね。

トリガーポイントになりやすい場所となりにくい場所があります。筋肉は先端が腱になっていて、腱が骨とくっついています。トリガーポイントになりやすいのは腱から筋肉へ続く部分。まずはその辺りから触っていって、筋肉の硬くなったところを探してみましょう。

なぜはなれたところが痛むのか?

脳のカン違い

brain痛みの原因のある場所(トリガーポイント)と、実際に痛いと思っている場所が違うのは、筋肉の鈍感さと、脳のカン違いによるものなんです。

筋肉は皮膚に比べて痛みに鈍感です。もし敏感だったとすると筋肉痛の時にあまりの痛さに動けなくなってしまうかもしれません。それでは生きていけないので、痛みの情報を正確に脳には伝えれないのではといわれています。

まず筋肉の痛みの情報は脊髄に集められて、そこから脳に伝えれます。でも脊髄に集まってくる情報は筋肉からの情報だけではないんですね。脳にさまざまな情報が伝わった時に、脳がどこからの情報なのか間違えてしまうこともあるのだそう。

しかも筋肉の痛みの伝え方もあいまいなので、脳はいつも痛いと思っているところの痛みなんだろうと勝手に思い込んでしまうんです。これが肩だったり、腰だったりするんです。

たぶん人間が立って歩くようになった時から、肩と腰には相当な負担がかかるようになったので、脳は「痛くなるのはきっと肩と腰だろう」と思い込んでいるのかもしれませんね。

筋膜の伸縮性とトリガーポイントの関係

筋膜は筋肉をある程度の単位でくるんでまとめてくれているもの。一番外側の筋膜はボディスーツのように体全体を包んでいます。筋膜を構成しているのはエラスチンとコラーゲンなのですが、これらがよじれて絡まり合ってしまうことがあります。原因はケガや熱によるものだったりしますが、筋肉が緊張し続けることもそうです。

筋膜がよじれてしまうと、それに伴いどこかも引っ張られてしまいます。洋服のすそを引っぱってみてください。つまんでいる部分だけが変形しているわけではなく、他の部分も伸ばされているのがわかりますよね。筋膜にも同じようなことが起こっています。

抗重力筋

座っている時でも立っている時でも人間の体がピタッと止まっていることはないです。わずかでも前後左右に動いています。でも倒れてしまわないのは抗重力筋という筋肉が重心をとらえて筋肉を収縮、弛緩してバランスをとっているから。このバランスをとっているのが筋紡錘(筋肉の安全装置、急激に筋肉が伸ばされて切れてしまったりするのを防ぐ)なのですが、筋紡錘は抗重力筋に多く存在することがわかっています。

筋紡錘が過剰に反応すると、筋肉に収縮するよう指示をだし続けて筋肉の緊張をとくのが難しくなってしまい、トリガ-ポイントとなってしまいます。

ストレス

stressとくに今はストレス社会なので誰もがストレスを抱えて生きていると思います。ストレスを感じると交感神経が優位な状態になり、筋紡錘が活性化。筋肉の緊張が続きます。そのこともトリガーポイント発生の原因です。

また筋紡錘がたくさんある抗重力筋は胸や背中、おしりに多くありストレスを抱え続けていると背中が丸くなってしまいます。その姿勢のゆがみが腰痛を引き起こします。

ストレスを感じていないと思っていても、気付かないだけで体はストレスで緊張状態になってしまっていることも。運動したり、趣味に没頭したりとストレス発散をすることは腰痛解消にもおすすめです。

姿勢の悪さ

良い姿勢でいる時は一番バランスよく筋肉が働いている状態。でも悪い姿勢でいると、負担がかかりすぎる筋肉と負担がなく筋力が落ちてしまう筋肉が出てきてしまいます。負担がかかりっぱなしの筋肉はずっと収縮していなければならないので、トリガーポイントになる原因になります。

トリガーポイントがわかって、ケアをしたとしても普段の姿勢が悪かったら意味がありませんよね。いつでも良い姿勢を保つことを意識しましょう。

立つときは胸をはり、背筋はまっすぐのばします。骨盤の上からまっすぐ背骨が伸びているイメージで。今はデスクワークで長時間座っている人が多いので、座る姿勢にも気をつけてくださいね。パソコンを使っているときは、ひじが90度、そして15度くらいの視野でパソコンの画面が見られるように高さを調整してください。そしていつでも背筋はまっすぐです。背中を丸めたり、首だけが前に突き出たしせいにならないように意識しましょう。

またいつも同じ手に重たい荷物を持ったり、同じ脚を組んだりすることも姿勢をくずします。

トリガーポイントをケアしても痛みが消えない?!

トリガーポイントを見つけて、ケアしたからもう腰痛とは縁が切れた!と思ったら一向に良くならないということも実はあるんです。原因は脊髄と脳にあるのだそう。本来は、痛んだ場所から脊髄に情報が送られ、それが脳に伝わるのですが、痛みが慢性化されていると、脊髄が勝手に脳に痛みの情報を伝えてしまうんです。痛みの原因は消えているはずなのに、脳は痛みの情報をいつまでも受け取っているという状態。これが慢性痛なんですね。

こうなってしまうと厄介です。自己流でケアしても、マッサージに通っても、病院へ行ってもなかなかよくはなりません。なので、慢性化してしまう前に、トリガーポイントを見極めて、ケアしていきましょう。

そして同時に良い姿勢をいつでもキープすることと、ストレスをためないことも忘れずに!

良い姿勢をキープすることは就寝中も同じです>>>正しい姿勢をキープできる布団

コメントは受け付けていません。