【季節別】腰痛の原因

季節や気温、気圧の変化は体にさまざまな影響を及ぼします。腰痛も季節ごと原因が異なるかもしれません。季節ごとに気をつけることをまとめてみましたので参考にしてみてください。

winter気温が下がるとついつい「寒い寒い」といいながら背中を丸めて歩いてしまいますよね。そんな時、筋肉は固く縮こまってしまいがち。筋肉が伸び縮みしないので体中の関節が動きにくくなります。元々腰痛を持っている人はこの時期、筋肉がこわばって引っ張られるので痛みがひどくなることがあります。

そのような体の状態で、無理な体勢で作業を続けていて、急に動いた時に腰をギクッとやってしまうのは体がその動きに対応できなかったから。私も以前、寒い冬の日に庭いじりをしていて立ち上がった瞬間、腰に激痛が走りました。ずっとしゃがんだ姿勢が悪かったんだと思います。

また年末は大掃除の季節でもありますよね。普段やらない場所まではりきって掃除してしまうとやはり腰を痛める原因に。高い場所を掃除するのに腰を反らせたり、細い隙間に手をのばすときに腰をひねったり、大掃除は腰にはかなりの負担をかけてますね。

そして年末からお正月にかけては暴飲暴食の季節でもあります。ただでさえ年末は仕事などが忙しかったりするのに、忘年会で夜遅くまで宴会だったり・・・。胃腸にも負担がかかっていますし、体も相当疲れているはずです。

年末は忙しかったからお正月は家でゆっくりしようとゴロゴロ寝て過ごす人も多いですよね。お雑煮やおせちを食べて、こたつでお正月番組を観て・・・それはそれで楽しいですが、お腹まわりはブクブク太っていきます。新年会もありますからまだまだしばらく暴飲暴食は続きますね。

私もクリスマスイブから1月中旬くらいまでパーティーや飲み会などで夜遅くまでたくさん食べてしまう機会がけっこうありました。若いころはすぐに体重も体型も元に戻ったのですが、やはり年齢を重ねると代謝が悪くなるせいか全然落ちないんですよね。ぽっこりお腹をみては腰にも悪いんだろうな~と思います。

急に太ったお腹の内圧は高くなり、腰回りの筋肉は固くなります。そして、その状態で仕事始めですね。慌ただしく仕事や家事をしていてぎっくり腰になってしまう人が多いのもこの時期です。

spring桜が咲くころも腰痛持ちには注意しなければいけない時期です。だんだん暖かくなってきて、気分的にも明るくなりますよね。外に出て活動することに意識がむいていきます。

お花見をしたり、ゴルフをしたり、新たにスポーツを始めたり・・・でも体がついていけずまだ固いままですと、腰痛を引き起こしてしまいます。とくにゴルフは注意が必要!冬の間練習をしていなかった人が、春になって急に練習をはじめて腰をひねると・・・どうなるか想像できますよね。

また春になると生殖器も活発になります。ホルモンがたくさん分泌されて体がゆるんでいくのですが、元々骨盤まわりにゆがみがあると筋肉の一部が引っ張られたりして体のバランスが悪くなってしまうんですね。

さらに春は卒業や入学、就職、引っ越しなどなど生活環境がガラリと変わる季節でもあります。楽しみな反面、やはり疲れもストレスもたまります。ストレスは痛みを倍増してしまうことがわかっているので、腰痛持ちさんにはつらい季節でもあります。

summer寒い時期は筋肉がこわばっているので腰痛になりやすいです。それなら暑い時期は腰痛になりにくいと思いますよね。でも今はエアコンがどこにでもあるんです。省エネが叫ばれているのでガンガンに冷やしているところは少なくなっているかもしれませんが、やはり体には負担です。汗をかきながら暑い外を歩いていて、急にエアコンの効いた建物の中に入ると背中あたりがゾクゾクっとしますよね。急に冷えた体は筋肉が固くなってしまいます。

エアコンのきいた部屋でデスクワークをしている人はとくに注意が必要です。冷たい空気は下にたまるので下半身が主に冷えます。しかも座りっぱなしで動かないので血流も滞りますよね。そして、急に立ち上がった時にグキッとやってしまうんです。

そして湿気や低気圧も腰痛にはよくないです。湿気が多いと体から水分が蒸発することが減るので、体はむくみがちに。むくむと筋肉も関節も動きにくくなります。低気圧の時もそうです。気圧が低くなると体内圧が高くなるのでやはりむくみます。

夏は梅雨もありますし、台風やゲリラ豪雨、爆弾低気圧など湿度や気圧が急激に変わる季節でもあります。そのことも腰には良くないので腰痛持ちさんにはつらいですね。

autumn秋は比較的気候が落ち着いているので少しは楽になるかもしれませんね。

でも油断はできません。朝晩急に冷え込むようになると、1日の気温差が大きくなります。気温差が大きいことは体にとっては大きなストレスに。ストレスは筋肉に負担をかけ疲れさせます。すると疲労物質がたまって筋肉は固くなります。固くなった筋肉は末梢神経や血管を圧迫して痛みの信号を脳に送ります。

1日の気温差が5度くらいになってきたら、洋服などでこまめに調節しましょう。そして夜はゆっくりバスタブに使って筋肉を温めゆるめてあげましょう。

コメントは受け付けていません。