腰痛 カイロプラティック

kairo1病院へ通ってもなかなか腰痛が治らないからと、マッサージや鍼灸などさまざまな民間医療を受けている腰痛持ちさん、いますよね?民間医療は手軽に受けることができますが施術師の技術の差が大きいのも確か。治療院選びは本当に慎重に行ってください。

その中でもカイロプラクティックは誰に施術してもらうかで大きな違いがでてしまいます。

カイロプラクティックとは?

骨格の歪み、得に背骨の歪みを手技によって調節し、神経の働きを回復させるのがカイロプラクティックの目的です。身体をコントロールしている神経の働きが正常に戻れば、腰痛などの症状も消えて健康体になれると言う考え方なんですね。

神経の働きが低下してしまうと関節や筋肉、内臓の機能も低下します。すると体の歪みが大きくなり関節の変形や椎間板ヘルニアを引き起こすのだそう。さらに体の歪みが進んでしまうと自律神経やホルモンの分泌が乱れたり、内臓を圧迫することにつながります。

これらの症状を改善したり予防したりするのがカイロプラクティックです。

その手技はいくつもあり、世界共通です。正しい姿勢へ戻すというよりは、その人の身体のバランスにあった姿勢に調節してあげるといったイメージです。

骨をボキボキっとならして痛そうで怖いと言う人もいますが、本来はそのようなことはしません。痛みも少ないです。薬を使った治療や手術とは違ってリスクが少ないので、小さな子供から受けることができます。

発症はアメリカ。現在はアメリカをはじめ世界中で医療の現場で行われていますが、アメリカと日本のカイロプラクティックはずいぶん異なるようです。

まずアメリカではカイロプラクター(カイロプラクティックを行う人)は医師と同じ立場です。まずカイロプラクティックの専門大学で学び職業学位を取得します。さらに、ただ卒業して学位を取っただけではだめで各州が指定する資格試験に合格しなければなりません。アメリカのカイロプラクターは手技だけではなく、診察、レントゲンなどを使った診断、治療(手術もできます)までもできなくてはいけないので、通常の医師と同じくらいの知識や経験が必要なんです。

それに比べて日本では国家資格もなく、民間治療のひとつといった認識しかありません。

日本でのカイロプラクティック

日本ではカイロプラクティックの国家資格はありません。ですから誰でもカイロプラクターを名乗ることができます。

アメリカなどのカイロプラクティック専門の大学でみっちり勉強してきて資格試験も合格しているような人、週末にカイロセミナーに通っただけの人(中には人体や治療法を学ぶのではなく高額サプリ売り方の講義だった・・・なんていうこともあるそう。完全に詐欺ですね)の、独学で学んだ人などいろいろな人が開業しているのが現状です。ですからカイロプラクティックならどこでも同じと思ったら大間違いなんですね。

アメリカではレントゲンを用いて診断しますが、日本では医師にしかレントゲンを撮影することができないので方法も異なるでしょう。実際、カイロプラクティックに通って腰痛が完全に治った人もいればただ悪化した人もいます。

こんな治療院には気をつけろ!

カイロプラクティックの手技方法は素晴らしいのですが、それを忠実に行える人が日本にはまだまだ少ないと言えるでしょう。
kairo2
☆民間の資格しかない

認定証や修了証ではなく、卒業学位とアメリカなどの国家資格取得証明書が治療院の目立つところに掲げてあるかをチェックしましょう。卒業学位だけですと医学部を卒業はしたが国家医師試験には合格していないということ。そのような人にデリケートな背骨をさわられるのは怖いと思いませんか。

アメリカの国家資格に合格しているかどうかはNational Board of Chiropractic Examinerの合格通知、あるいは州の開業免許を持っているかで判断できます。電話で確認したほうが確実です。あやふやにされて、「何でも治せますよ」と言われたらちょっとあやしいですよね。

☆いきなり治療を始める

初診時にはいろいろな検査や問診をして、患者さんのライフスタイルや症状、病歴などを知る必要があります。それにもとづいて治療の順序を決め、その個人に合わせた方法を選ばなくてはなりません。それなのに触ればわかるからといきなり治療をする施術師は危ないです。とくに日本ではレントゲンを見ながらではないのでよけい慎重に行わなければならないと思うのですが・・・。

☆治療後に何の説明もアドバイスもない

カイロプラクティックは神経の働きを良くし、体に本来備わっている自然治癒力を引き出すもの。なのでただ骨格の調整をするだけではなくストレッチや栄養指導、睡眠の大切さ(布団も関係してきます)などの指導もしてくれます。

また治療後に一時的にだるくなったり吐き気があることがあります。好転反応なのですが、それらについてもきちんと説明すべきです。

その他にも、治療費が明確にされていない、治療後に高いサプリなど無理やり買わされる、いくら通っても全く改善しないあるいは悪化しているようであれば通うだけムダかもしれません・・・。

実際、カイロプラクティックによるトラブルも多いです。首や腰をひねられて骨をボキボキならされると、その時はなんとなく気持ちが良い気がします。でも神経が通っていますから下手な施術者にやられたら恐ろしいですよね。あとから痛みが出て結局また病院に通うはめになった人も多いです。神経や筋が傷ついたらヘタしたら歩くのも大変なほど腰痛が悪化してしまうこともありえます。

日本では誰でもカイロプラクターは治療院を開くことができます。現在日本には2~3万人の自称カイロプラクターがいるそうですが、国際基準で定められた教育をきちんと受けている施術者はその中の3%ほどなのだとか。日本カイロプラクティック登録機構などで検索することができます。

こんな症状があるときはカイロプラクティックは向きません!

kairo3
腰痛とひとことでいってもその原因はさまざまです。腰痛とともに下記の症状もあるときはまず病院へ行ってきちんと検査を受けてください。

☆血管に問題がある
高血圧で薬を飲んでいる場合などは血管が弱くなっている場合があります。強い治療を受けることで動脈からの出血やめまいなどが起こることも。

☆ガン
ガン細胞が骨に転移することも。強い治療で骨折するケースもあります。ガンになったことのある人、体重が急激に減っている、熱が下がらない、痛みがある、などの症状がある人は特に気をつけてください。

☆感染症・炎症
せき、寝汗、熱が下がらない、首が前に曲がらない、腹痛、排尿時の痛み、生理異常などの時はまず病院へいきましょう。もしも結核や骨髄炎にかかっていたら背骨を骨折してしまう危険性もあります。

☆ケガ
交通事故や転倒などで骨折や脱臼をしている可能性も。病院でレントゲン検査を受けましょう。

☆椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など
神経症状がでていて、排尿に障害がでているときは病院へ。手術が必要かもしれません。

本来、カイロプラクティックは腰痛や肩こり、むち打ちなどにとても有効な治療法です。その他にも疲労回復や姿勢改善、自律神経を整えることによるストレス解消や内臓の機能改善、健康増進にもすぐれた効果があることがわかっています。

ただ悪徳業者やレベルの低い施術者にだけは気をつけましょう!

コメントは受け付けていません。