ヘルニアによる腰痛

首からおしりまである背骨のうち、腰にあるのが腰椎です。その骨と骨の間にはクッションの役割をしている椎間板があります。椎間板が変形し中の組織が背中側に押し出されてしまい、神経を刺激して痛みを感じる状態が腰椎椎間板ヘルニアです。

特徴的なのは腰が痛くなるだけでなく、足にも痛みが出ること。おしりから足にかけての坐骨神経が椎間板で刺激されるからです。

原因は?

前かがみや中腰になることを繰り返し、椎間板に負担を与え続けることや加齢、遺伝子要因などが考えられます。ただなぜ発症したのかよくわからないケースもあり、女性よりも男性の方がなりやすいといわれています。

検査や診断方法は?

herunia2
X線撮影やMRI等による画像診断をします。X線撮影だけでは骨しか診ることができないので、実際椎間板が飛び出してしまっているのかどうかはわかりません。そのためMRIでの判断が必要になります。もし、X線撮影だけで椎間板ヘルニアだと診断されたらその医者はちょっと疑った方が良いかもしれません。

治療方法は?

時間とともに自然に治るケースが多いです。椎間板は比較的柔らかい軟骨なので吸収されてしまうからです。また最近、白血球の一種であるマクロファージが飛び出てしまった椎間板を異物と思い食べてしまうことがわかってきました。ですからすぐにすぐ手術ということにはなりません。

まずは保存療法です。安静と薬物療法、装具療法、理学療法があります。

①安静
痛みがひどい時は一番楽な姿勢になります。エビのように腰を丸めて横になると楽になることが多いようです。数日間は安静にしています。ただ安静にしている期間は3日以内。それ以上寝たきりにしておくと筋力も落ちてしまうので適度に体を動かしたほうが良いとされています。

②薬物療法
消炎鎮静剤(エヌセイドを含むもの)が使用されている外用薬を使います。湿布や貼付薬(白い布パップやテープ)、塗布薬(軟膏、クリーム、ローション、スティック状のもの)などがありますが、欧米ではあまり使われていないようです。でも最近の外用薬はとても優れていて高い効果が期待できます。

また神経ブロック療法というものもあります。痛みがとても強い時に、局所麻酔薬を注射し、一時的に神経をマヒさせて痛みをとります。硬膜外ブロック、椎間関節ブロック、選択的神経根ブロック、交感神経ブロック、トリガーポイントブロックなどがあります。

③理学療法

2週間から1ヶ月ぐらいすると少し痛みも和らいでくるはずです。そうしたら牽引や温熱(ホットパックや極超短波)、電気(刺激鎮痛法)、レーザーなどを使った物理療法や軽い運動やストレッチを取り入れた運動療法を開始します。

④手術療法
herunia1
保存療法を3~6ヶ月行っても改善されなかった場合は手術が検討されます。ただ神経マヒによって膀胱や直腸にまで障害が出ていたらすぐに手術することになります。

また椎間板ヘルニアの手術はしてもしなくても結果は同じという意見の医者がほとんどなのだそう。では手術をすることは意味がないのかというとそうではなく、痛みのない生活がすぐに手に入るということでもあります。

手術をすれば痛みをすぐに取ることができるでしょう。しなければ痛み止めの薬を飲み続けなければならないかもしれません。痛みを取ることが目的ならどの手段を選ぶかということです。痛みがなくなる速さでいったら、手術が一番、そしてブロック注射、安静にしていることの順になりますね。どの方法を選択するかはその人の考え方次第です。担当医とよく話し合って決めてくださいね。

手術の方法ですが、最近は内視鏡を使った方法が一般的になってきて傷も小さくて済むようになりました。全身麻酔で椎間板ヘルニアを摘出するのですが5~6泊の入院で済みます。手術時間も20~30分ととても短いので体への負担は少なくて済みますね。費用は10~20万円ほど。

他にもレーザー治療などがありますが保険がきかないので30万円以上の費用がかかります。

手術を受ければ90%の人が完治するといわれています。ただ手術をしても再発することもあります。再発率は3~14%とそれほど高くはないですが、再発予防のために普段の生活でも姿勢や作業に気を配らなければいけません。
>>>椎間板ヘルニアを予防するための布団はこちら

手術?がまん?どちらか迷った場合は・・・

アメリカでこんな研究発表があったそうです。腰椎椎間板ヘルニアを患った患者さんで手術をした人と手術はせずに我慢し続けた人を比べて、どちらが高くつくかを調べたそうです。

その結果、痛みがあることで収入が減ることと手術代を比較したら、2年以上痛みを我慢してきた場合は、手術代よりも損失が大きかったそう。痛みがいつまでもいつまでもあるときは思い切って手術を受けたほうが良いのかもしれませんね。

腰痛持ちの布団

コメントは受け付けていません。