変形性脊椎症の腰痛

変形性脊椎症とは、腰の骨が変形して痛みが出たり、運動障害がでたりする病気です。加齢によって変形するので、お年寄りのほぼ100%がこの病気を患っているといえます。50代以降の人によく見られますが、早い人では40代でも発症します。ただ必ず痛みが出るとはかぎりません。

症状と原因

無症状のことも多いのですが、動作を始めるときに腰に痛みが出るのが特徴です。朝目覚めて布団から起き上がるときや、座っている状態から立ち上がる時などに痛みが出やすいです。そして動いているうちに軽くなります。

また痛みがあるために腰を動かせる範囲も限られてきて、反らせたり、曲げたり、回したりということがしにくくなります。さらに症状が進んで神経を圧迫するようになると脚にしびれや冷えを感じるようになります。

原因は腰椎と腰椎の間にあってクッションの役割をしている椎間板の劣化です。若いころは椎間板にたっぷりと水分が含まれていますが、加齢とともに減少します。すると骨と骨がこすり合ってすり減ってしまいます。体は骨を丈夫にしようと増殖するのですが、骨の一部だけが増殖されていびつな形になります。その代表が骨棘と呼ばれるトゲです。このトゲが大きくなると神経を圧迫して痛みが出るのです。

henkeisei1
【なりやすい人】
高齢者(歳とともに白髪が生えたりシミ・シワができるように椎間板も劣化するため)
腰に負担のかかることをしてきた人(重労働者、肥満、腰に負担をかける激しいスポーツ、腰の病気やケガを繰り返してきた人など)
更年期障害のある女性(更年期障害のひとつでもある)

診断方法

問診、視診、触診、X線検査、脊髄造影、CT検査、MRI検査などが行われます。X線検査をすれば骨の変形がわかります。ただ神経が圧迫されているのかどうかはMRI検査をしてみないとわかりません。

X線やMRIなどの画像診断で検査されます。もし変形性脊椎症と診断されても、痛みがなかったり、生活する上でとくに不便なことがなければ手術などの治療をする必要はありません。ただ神経が圧迫されてしびれや動きの悪さがあらわれているようなら確実な診断と治療が必要です。

治療方法

henkeisei2
骨の変形は老化現象のひとつなので完全に治すということはできません。ですから痛みをとる保存的療法が一般的です。

痛みがつよい時は消炎鎮痛剤を服用して安静にしています。また神経に麻酔薬を注射して痛みをマヒさせる神経ブロック療法が行われることもあります。

痛みがある程度治まってきたら、温湿布などをはって血行をよくしたり、腰の筋肉を鍛える運動療法を取り入れたりします。

他にもコルセットを装着したり、牽引で腰の骨と骨の間を広げる療法もあります。

神経への圧迫がひどくて脚にしびれが出たりした時には外科手術(骨にできたトゲを取り除きます)も考えたほうが良いでしょう。椎間板ヘルニアとは違い、骨自体が変形しているので自然に治るということはあまり考えられません。ただ再発もありえます。

予防法

日常生活で腰に過度の負担がかからないように気をつけましょう。変形性脊椎症の場合は腰を後ろへ反らせると痛みがでるので、うつ伏せで読書をしたり、高い場所にあるものを取るのはNGです。また合わない布団やマットレスによって腰痛が悪化することがあります。腰が反らない適度な固さの物を選んでください。→→→→→腰痛を悪化させる布団、改善する布団

ただ腰が痛いからと安静にしてばかりでもいけません。適度に運動をして筋肉を鍛えることも重要です。おすすめは水泳。水の浮力のおかげで腰への負担が少ない上に、効率よく筋力アップができます。>>>腰痛持ちさんにおすすめの運動について

肥満の人は体重を落とすことで腰への負担を減らすことができます。さらに腰を支える筋力もつければ腰痛は予防できますので運動はぜひ続けてください。

コメントは受け付けていません。